DRC

ワインと聞いて、多くの人がまず一番最初に名前が浮かぶのはロマネ・コンティでしょう。

そのロマネ・コンティの生産者がDRC社(ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ社)です。DRCは1869年にロマネ・コンティの畑を獲得したジャック・マリー・デュヴォー・ブロシェの家系が1912年に設立、商標登録した会社です。

 

ロマネ・コンティの畑を中心として他に、ラ・ターシュ(モノポール)、リシュブールロマネ・サン・ヴィヴァングラン・エシェゾーエシェゾー(畑は所有せず賃貸契約)という赤のグラン・クリュをヴォーヌ・ロマネでリリースします。

また、出来のいい年に限り、ロマネ・コンティ以外のブドウを使ったヴォーヌ・ロマネ・デュヴォー・ブロシェ・プルミエ・クリュも造られます。

そして、ヴォーヌ・ロマネ以外にも2009年から賃貸耕作契約を結んだコルトン(グラン・クリュ)をリリースするようになっています。

 

また、赤ワイン以外にもやはり世界最高の白ワインと評されるモンラッシェ(グラン・クリュ)も所有しています。

その珠玉のワイン達の名声に奢ることなく常に妥協のないワイン造りを推し進めており、ワインを語る上で欠かせない名実共に世界一のドメーヌと言って間違いないでしょう。

 

o0640048012666331742