還元臭

ワインを「香り」を愉しむお酒でもあります。

コルクを開けてグラスに注いだワインからは魅惑的な様々な香りが私達を愉しませてくれます。

ブドウ本来や醗酵中によって起こる「第一アロマ」や、その醗酵過程の乳酸や酵母に由来する「第二アロマ」、そして熟成に伴い起こる「ブーケ」。

 

 しかし、ワインには時として、これら素晴らしい香り以外にも招かれざる臭いを発することがあります。

ビオディナミなど有機農法による自然派ワインが持つ「ビオ臭」やコルクに付着したバクテリアが原因の「ブショネ」もそうですが、その他にも不自然な臭いがあります。

それは「還元臭です。

 

 還元臭というのは、卵の腐敗したような温泉の臭いに少し似ていて、これは厳密にいうとアロマの一種に属します

醸造の行程中に酸素が欠乏し、そのことによって生まれた硫化水素からこの臭いが発生しているのです。

この硫化水素が生まれる一連の現象をスタックフォーメーションと呼ぶのですが、本来この状況は、ワインにとって欠陥と呼ばなくてはならない状況です。

 実は還元臭という表現は日本独特のものとなっており、最初は鼻につく還元臭自体は、しばらくするとほとんど消えてしまい、気にはならなくなります

 

o0530040712162483230