赤ワインの造り手 白ワインの造り手

  最近は消費の多様化などからロゼワインの需要も増えてきてはいるのですが、まだまだワインと言うと赤ワインあるいは白ワインを思い浮かべる方が大半かと思います。

世界的ににみるとニューワールドと呼ばれる新興国を中心に赤ワインと白ワインの両方を造っている生産者というのは多いのですが、長い歴史を持つフランスなどでは赤ワインだけ、白ワインだけを造っている生産者、あるいは特に赤、白どちらかを特に得意とする生産者が存在しています。

 

 例えば、ボルドー地区などは赤ワインの銘醸地であり格付けも赤ワインに対して行なわれていましたし、ブルゴーニュ地方でもコート・ド・ニュイの赤ワイン、コート・ド・ボーヌの白ワインなどと言われてどちらかに特化した職人的な生産者が数多くおり多くの名声を集めています。

 しかし、現状は少し変わりつつあります。

 ボルドーは元々ソーヴィニヨン・ブランなどを使って良質な白ワインが生み出されていたのですが、最近ではその素晴らしい白ワインに目を向ける人々が増え、以前では赤ワインしか造っていなかった格付けシャトーでも次々と白ワインをリリースするようになってきています。

 また、ピノ・ノワール、シャルドネと言った単一品種から赤ワインや白ワインを造り出すブルゴーニュのドメーヌでは、実は以前から得意とするピノ・ノワールシャルドネ、一方の栽培の傍ら別のブドウの栽培も行なっていて、細々と市場に出したり自家消費していたのですが、当然名人が造るワインに大きな不得手があるはずもなく評判を呼び、以前以上に注目を集めるようになってきています。

DSC_0257