牡蠣とシャブリは本当に合うの?

赤ワインに限らず、白ワインでも当然素晴らしいマリアージュがあります。

お料理のマリアージュの中でも典型的なものとしてよく言われているのが「牡蠣と白ワイン」です。

この場合の白ワインはシャブリを指しています。

シャブリはブルゴーニュでも少し離れた地区となっており、そこで造られる白ワインはエレガントでフルーティーで辛口となっています。

この味わいはキンメリジャンと呼ばれる石灰質の土壌によるものです。

実はこのキンメリジャン、シャブリ地区はその昔、海だったためにジュラ紀の化石や堆積した牡蠣の殻が多く含まれており、このミネラル分が牡蠣と非常に合うのです。

 

 実際に牡蠣とシャブリのマリアージュを試された方もいるかと思いますが、「よく合った」と思われたかたが多い反面、首を傾けられた方もいるかもしれません。

実は高級シャブリと牡蠣のマリアージュはよくないことがあるのです。

それは、ワインを寝かせるとき用いられるオーク樽の香りが少し牡蠣の生臭さを助長したりしてしまうので、本来の「牡蠣とシャブリ」のマリアージュを楽しもうとする時は高級シャブリよりはむしろ、ステンレスタンクなどを使った、あまり高級でないシャブリを選ばれたほうがよいかもしれませんね。

 

また、マリアージュの面だけでなく、白ワインにあるとされる抗菌作用は、当たりやすいと言われる生牡蠣向きでもあります。

o0530040712181251657