左岸と右岸

一般的に赤ワインというとイメージするのはボルドータイプのワインが多いのではないでしょうか。

ある程度の渋みがあってコクが深く、長期熟成型で「○○年のシャトー何々の出来は・・・」などと少しワインに詳しくなった人が語っている場面が頭に思い浮かぶのもボルドータイプのイメージでしょう。

 

実はボルドー地区のワインと一口に言いますが範囲も広く味わいは様々です。

その中でも一番このスタイルを代表しているのが、カベルネ・ソーヴィニヨン種のブドウを中心に使う、1855年に格付けが生まれたメドック地区です。

メドックにはポイヤック、マルゴー、サン・ジュリアン、サン・テステーフなどの村があり、優秀なワインを生み出しています。

 

このメドックと似たワインを生み出しているのが、唯一メドック以外から格付けに選ばれたシャトー・オーブリオンを産するグラーブ地区です。

そして、これらの地区と少しスタイルの違うメルローというブドウ品種を主体に使うポムロールサン・テミリオンです。

この少し性格の違う二地区をジロンド川、ドルドーニュ川からの位置で前者を左岸のワイン、後者を右岸のワインと呼ぶことも多いです。

 


ワインを語る時、「この年の左岸の出来は・・・」などとボルドーを左岸と右岸に区別して口にすれば、さらワインに詳しくなった気分になれます。