ワイングラス

ワイングラスと聞けば、多くの方は細長い脚を持ち、その上に球状になった、あの独特な形状を思い浮かべることが出来るかと思います。

ちなみにあの脚の部分はステム、球状のお部分はボウル、一番下の接地している部分にはプレートと名前がつけられています。

そして、ワイングラスがあの形状をしているのには当然理由があるのです。

 

 本体部分に当たるボウルが球状をしているのは、そこでワインと空気を馴染ませるためです。

そして、口のすぼまり具合、ボウルの曲線具合で香りや、味わいをコントーロールしているのです。

つまり、ワイングラスはどれも皆同じではなく、楽しみたいワインのスタイルに応じてそれぞれ形が違うのです。

白ワイン用、赤ワイン用、ブルゴーニュグラス、ボルドーグラス、はたまた品種別にシャルドネ用、カベルネ・ソーヴィニヨン用などというのもあります。

もちろん、スタンダードな汎用タイプもありますし、決まり事があるわけではないのでどのようなグラスで飲んでもそれは自由です。

 

 また、ステムの部分が作られているのは直接ボウルの部分を手で触れてワインが体温で温められて味わいが変わってしまうのを防ぐためだと言われていましたが、最近はそこまでの影響もないとのことから、ステムレスタイプのグラスも見受けられるようになってきています。

 

o0540041412223640716