ワインの起源は?

ワインはもっとも歴史の古いお酒の一つです。

伝承では、現在のグルジアコーカサス地方では紀元前一万~八千年頃にはブドウの果実酒が飲まれていたとされワイン発祥の地と言われていますし、その他の地方でも紀元前の遺跡からワイン造りの痕跡が発見されたり、歴史書にもワインに対する記述がいくつもみられます。

 

例えば、紀元前四千年頃メソポタミアではブドウの果実を搾る目的の石臼が発見されています。

また、古代メソポタミアの英雄物語でもある「ギルガメッシュ叙事詩」にもワインに対する記載がみられます。

他にも古代エジプトバビロニアの壁画や粘土板でもワインの存在を確認することが出来るのです。

最初の頃は食用として貯蔵していたブドウが発酵して偶然に出来たお酒であったワインも、やがて人為的に醸造させるようになっていきます。

 

このように、現在ヨーロッパが主体に思われているワインですが、実はその後にフェニキア人によってギリシャからユーロッパへと伝播されていくのです。

フェニキア人たちがワインの普及に関わった働きは大きく、厳密な意味でのワインの起源はこのフェニキア人たちがもたらしたものであるとも言われています。

 

ヨーロッパにもたらされたワインはさらに、ギリシャローマ帝国の版図の拡大によって、キリスト教とともに祭礼で使われるなどのその宗教的な側面によってヨーロッパ各地へと広まっていったのです。