ワインのダイヤモンド~酒石~

ワインが熟成を経てその成分が析出されてくる澱(おり)ですが、その正体の中心は色素成分であることもあり、主に赤ワインで発生します。

しかし、赤ワインほどではありませんが、白ワインでもその現象は当然起きて澱が発生します。

そして、白ワインにおいては特徴的なものとして「酒石」が見られることがあります。

 

o0640048012493015352

 

 酒石は白ワインのボトルの底部にキラキラとガラスのように光る結晶状のもので、その外観から「ワインのダイヤモンド」とも呼ばれています。

そして、その成分は主に酒石酸カリウムが結びついた物やミネラル成分からなります。

酒石はボトルの底の蓄積されていることもありますが、コルクの裏に付着していることがあります。

 

t02200124_0720040512617534619

 

 澱や酒石は長時間の熟成を経て現れてきますが、温度の少し低い状態に置かれて保存されていたものほど顕著に発生すると言われています。

 

 実はが出来やすいボルドータイプのワインボトルは、グラスにワインを注ぐときにその澱がグラスに混入しにくいように、あのいかり肩をしているのですが、ブルゴーニュタイプの物などはなで肩です。

ゆっくり注げばグラスにあまり入りませんし、赤ワインの澱同様に酒石も飲んでも健康上、何ら問題はありません。