ワインと澱(おり)

古い赤ワインをデキャンタージュする理由の一つに(おり)を取り除くことが挙げられます。

澱というのはボトルを動かすと内部をフワフワと舞っていたり、立てたままにしていると下のほうに沈殿している黒っぽい固体物です。

主にボルドースタイルのワインで目立つのですが、もちろんブルゴーニュスタイルのワインにも発生します。

 

 この澱の正体はワイン中のタンニンポリフェノールアントシアニンたんぱく質などの成分が熟成中に結合して熟成と共に徐々に蓄積してきてしまうものです。

逆に言うとこれら成分を多く含んでいる上質なワインほど澱が見られるということになります。

これらのは、ワインと一緒に口にすると少々不快なざらつきや苦味を伴うためにワイン本来の味わいを損なうとして、デキャンタージュなどしてとり取り除かれているのです。

 

 確かに気にはなりますが飲んでも決して有害ではありませんし、ブルゴーニュの生産者などは「もワインのうちだ」と言ってあえてワインと澱を分けたりしないことが多いです。

 

 また、ワインボトルの底は外から触ると内部に向って凹んでいるのですが、これはボトル内部の凹んだ部分にを集めてボトルの内部で舞わないようにするための工夫です。

 

写真 (25)