ワインとマリアージュの難しいお料理

ワインはそもそも西洋の文化に根ざした飲み物です。

当然、お料理とのマリアージュも洋食との相性が良くなっています。

しかし、和食とワインのマリアージュも決して悪くありません。

 

 近年、和食は世界的なブームも到来し、ワインと和食のマリアージュを楽しむ人も多くなってきました。

すき焼きやしゃぶしゃぶなどわブルゴーニュ系の赤ワインと合わせる方が多いようです。

また、刺身などはソースがかかったお料理とは違いますので、色で合わせるのは難しく考えますが、白身系はシャブリやマコンなどの白ワインやシャンパーニュ、マグロなどの赤身は案外ピノ・ノワールに合ったりします。

 

 寿司や蕎麦なども難しいですがシャンパーニュとの相性がいいです。

食前酒としても用いられるシャンパーニュは結構万能選手なのです。

最近ではワインに合うお寿司自体を研究し、シャリや酢に工夫をこれされる職人さんが現われてきました。

 

 そんな、マリアージュの難しいお料理の中でも難しいのが中華です。

難しいながらも中華にはアルザス地方のワインやロゼ系のワインが比較的合います。

そして、一番難しいのはカレーライス。

色々なワインとカレーライスのマリアージュが試されているのですが、カレーライスに合うワインの話はあまり聞くことがありません。

o0530031412280165669