ワインセラーは必要か?

ワインは高温に対して弱い飲み物です。

直ぐに飲んでしまうワインだけならばかまわないもですが、冬場ならばまだしも、夏場などに数日以上も室内に置きっぱなしにしていてはワインは当然傷んでしまいます。

ただ、たまにワインを楽しみたいぐらいの飲み方でわざわざワインセラーを用意するのは大事(おおごと)です。

 

 では、セラーのない場合のワインの保管はどのようにしたらよいのでしょうか。

まず思いつくのは冷蔵庫に入れるという保管方法です。

たしかに「冷暗所である」というワインの保存に適した条件を満たすことは出来ます。

しかし、開け閉めが頻繁である冷蔵庫では振動を嫌うワインの保存には適しません。

また、他の食材も保存入ってい冷蔵庫では、それら食材の臭いがワインに付いてしまいます。

(もちろん数日の冷蔵庫保存で臭いが付くことはありませんので心配はいりません。)

 この場合、一番適しているのは新聞紙に包んだ上で野菜室に保管するのです。

野菜室は振動や温度変化が比較的少なく、食品の臭いも少ないからなのです。

そして、新聞紙に包むのも温度変化を和らげるのと同時に、臭いがワイン本体に付いてしまうことが防げるのです。

よく、同じように新聞紙で包んで床下収納や押入れで保管するという話もありますが、日本の夏場の保存環境としては決してお勧めではありませんので避けたほうがよいでしょう。

いずれにせよ、本格的にワインを長期熟成させようと考えるのでしたら、やはりワインセラーはマストアイテムと言えましょう。

 

写真 (34)