レコルタン・マニピュラン

シャンパーニュでは大手メゾンであるネゴシアン・マニピュランに対してレコルタン・マニピュランRM呼ばれる生産者があります。

これは大資本を武器に多くの農家と契約しながら莫大なリザーブ・ワインを抱える大規模生産者ではなく、自らの畑で収穫したブドウのみを使ってシャンパーニュ造りをする小規模生産者のことです。

 

 以前のシャンパーニュ地方では大手メゾンによる寡占状態が続いていたのですが、近年はこれららレコルタン・マニピュランがその個性を活かしたシャンパーニュ造りで注目を集めるようになりました。

そもそもこれらの生産者の多くは大手生産者の契約農家として優れたブドウを栽培してきた優秀な農家でした。生産量こそ少ないものの、ブドウの特性を知りぬいた上で行なわれる醸造によって丁寧な造りの素晴らしいシャンパーニュが生み出されてくるのです。

 

 小規模生産者はその数5000とも6000とも言われておりシャンパーニュ地方全体の3分の1にもおよび、まだまだ日本には入荷していないレコルタン・マニピュランのシャンパーニュは数多くあります。

RMブームとも言われ脚光を浴びる中、ジャック・セロスアグラパールなどのスター生産者がいくつも生まれています。

 

o0640048012723357251ジャク・セロス シュブスタンス