マールとフィーヌ

ワインはブドウの醸造酒ですが、果実を原料に蒸留したものはブランデーと呼ばれます。

このブランデー、通常のコニャックやアルマニャックなどとは別に「マール」と「フィーヌ」というものが存在します。

 

 マールというのはワインを醸造する時に使う果汁の搾りかすを蒸留して造られたもので、イタリアではヴェネト州のバッサーノ・デル・グラッパ村がその特産地方であることからグラッパと言われています。

o0530040712162522375

 

フィーヌはブドウを選果した時に基準に満たないと判断されたブドウを使ったり、澱引きした後にタンクや樽に残ったワインを使って造られた蒸留酒になります。

写真 (53)

 

 フランスではマールはオー・ド・ヴィー・ド・マール、フィーヌはオー・ド・ヴィー・ド・ヴァンという正式名称があり、良いワインが出来なかったことからブランデーを造りがされた他の地方のものよりむしろ、マールやフィーヌを好む人たちも多いです。

中でもブルゴーニュアルザスシャンパーニュ地方のマールは「三大マール」とも呼ばれ、上質であるとして人気を博しています。

 

 マールはどちらかと言うと色が濃く、香りも強く濃厚なイメージですが、それに比べるとフィーヌは色が薄く、あっさりした印象を受けるものもあります。