ボルドーワインの格付け

フランスワインの二大産地の一つ、ボルドーですが、どのような特徴があるのでしょうか。

ボルドー地方はフランスの南西部にあたりガロンヌ川、ドルドーニュ川、ジロンンド川流域に広がっており、メドックグラーヴソーテルヌサン・テミリオンポムロールなどの地区が有名です。

 

おもに赤ワインが有名で、白ワインというとソーテルヌで造られる貴腐ワイン以外には有名なワインは少なかったのですが、最近ではメドックを中心に優秀な白ワインも増えてきています。

 

ボルドーの赤ワインは、カベルネ・ソーヴィニヨンカベルネ・フランメルローなど複数のブドウ品種から造られており、色は濃く、味わいも重く、複雑で年を追うごとに大きく変化していきます。

 

そして、ボルドーではシャトーと呼ばれる比較的大規模な生産者によってワイン造りがされており、そのシャトーに対して格付けが存在します。

一般に有名なボルドーの格付けは、1855年にパリ万国博覧会に向けてナポレオン三世の命によってされた公式格付けで、1級から5級まであり、以後二回追加変更されただけのほぼ不動の格付けとなっています。

しかし、格付け後150年以上も経ち、大きな見直しを求める声も一部ではあがっています。