ブルゴーニュワインと世界最高峰の赤と白

五大シャトーや格付けシャートを始め、多くの有名ワインを抱えるボルドー地方ですが、ブルゴーニュ地方も負けてはません。

ボルドーではシャトーと呼ばれる比較的大規模経営を行なう生産者が多いのに対して、ブルゴーニュの生産者はドメーヌと呼ばれ、比較的小規模な生産者、農家が多いのです。

 

また、ボルドーではそのシャトー(生産者)に対して格付けがなされるのですが、ブルゴーニュではそれぞれの畑に対して格付けがなされています。

ですからシャトー○○といった各付けワインの作付け面積は畑の購入などにより増やせますが、ドメーヌ△△の□□プルミエ・クリュ(1級)といったワインは増やせません。

 

そんなブルゴーニュワインの中でのスター選手がドメーヌ・ロマネ・コンティ社(DRC)の造るロマネ・コンティです。

世界で一番高価なワインとして、ワインを一度も飲んだことがない人でも、このロマネ・コンティの名前は聞いたことがあると思います。

ボルドーでは赤ワインにほとんどのスターワインが偏りがちなのですが、ブルゴーニュでは白ワイン造りも盛んで、同じDRC社がモンラッシェと呼ばれる特級畑から採れるブドウで造る白ワインも秀逸で、世界で最も有名な白ワインの一つとして羨望の的となっています。

 

無題