ワインの香り

ワインを表現する重要な要素の一つに「香り」があります。

ワインの香りにはアロマ」と「ブーケ」に分かれます。そして「アロマ」はさらに「第一アロマ」と「第二アロマ」に分かれるのです。

 

第一アロマ」はブドウ自体が本来持つ果実の香りや醗酵中に変化して香りとなる物をさしており、「第二アロマ」は醗酵過程での乳酸や酵母の香りに由来する物を言います。

 

そして「ブーケ」はワインがさらに熟成を進めていく過程で醸し出されてくる香りです。

 

若いワインほど「アロマ」が中心に感じられ、熟成を追うごとに少しづつ「ブーケ」が感じられてくるようになります。

やがてワインは「アロマ」を感じることがなくなります。

 

アロマ」はブドウそのものの香りや花や他の果実のような香りとして現れてきますが、「ブーケ」は熟成が進むに従いドライフルーツやドライフラワーからヘーゼルナッツや紅茶やキノコからトリュフや枯葉や腐葉土などのニュアンスを持ちます。

 

本来は「アロマ」は若いワインの証しであり、ワインは熟成を経て「アロマ」が消えて「ブーケ」が香りを支配するようになってくるのですが、最近のワインは技術進歩により複雑な「ブーケ」の香りの中にも、花や果物のフレッシュな香りを感じるものもあります。

 

98ecb7e04b2aaca777d9e556d5912358_m