フレーヴァー・ド・ワイン

ワインというとどうしてもスティル・ワイン(非発泡性ワイン)やスパーク・リングワイン(発泡性ワイン)といったものを彷彿しますし有名です。

少しお酒い詳しい人ならシェリー酒やポート・ワインといったフォーテイファイド・ワイン(酒精強化ワイン)を知っている方もいるでしょう。

実はこれ以外にもワインの仲間があります。

それはフレーヴァー・ド・ワインです。

 

 フレーヴァー・ド・ワインとは、ワインをベースにして、これにハーブなどの薬草や果実、甘味料、、スパイス、エッセンスなどを加えて造られたものです。

フォーティファイド・ワインは醸造中にアルコールを加えていますが、フレーヴァー・ド・ワインは醸造後に蒸留酒や浸出液が加えられています。

 

 フレーヴァー・ド・ワインとして代表的なものには、おもにフランスやイタリアで造られれている、白ワインをベースにしてニガヨモギなどの薬草、香草など数十種類を調合してスピリットと共に加えるヴェルモットや、スペインが主産となる、ワインにオレンジやレモンなどの柑橘類の果汁やシロップ、ブランデーやレモンのスピリットなどと果実のスライスを入れたサングリアがあります。

 

 他にもリレレッチーナグリューヴァインなどがあり、これらフレーヴァー・ド・ワインは主に食前酒(アペリティフ)として用いられることが多いです。

写真 (50)