フランチャコルタ

通常、私達がまずイメージするワインは非発泡のスティル・ワインにあたるのですが、それに対して発泡性のワインはスパークリング・ワインという類別になります。

イタリアではスパークリング・ワイン全般のことを総称して「スプマンテ」と言います。

 

 スパークリング・ワインと言うとシャンパン(あるいはシャンパーニュ)をまず頭に思い浮かべることが多いと思いますが、シャンパンはフランスのシャンパーニュ地方で、品質保持のため厳格な規則に基づいて造られるものだけを指しています。

このシャンパーニュのようにイタリアにも特別なスパークリング・ワインがあります。それは「フランチャコルタ」です。

 

 フランチャコルタはロンバルディア州のフランチャコルタ地方で造られるスパークリング・ワインで、DOCG(統制保証原産地呼称)の認定も受けています。

シャンパーニュと同じ瓶内二次醗酵を経て生産されており、ピノ・ネロ(ピノ・ノワールのイタリア名)やシャルドネピノ・ビアンコといったブドウ品種を中心に造られており、イタリアのみならず世界中でシャンパーニュ同様、高品質スパークリング・ワインの代名詞として認知されています。

 

 そもそも、フランチャコルタはシャンパーニュの高品質さを目指しており、フランチャコルタとは「フランスの丘」と言う意味でもあります。

写真 (57)