ピュリニィとシャサーニュ

コート・ド・ボーヌを代表する村にピュリニィ・モンラッシェ村とシャサーニュ・モンラッシェ村があります。

この2村はコルトン・シャルルマーニュと並ぶ白ワインのグラン・クリュ、モンラシェの畑を挟むようにしてピュリニィが北側、シャサーニュが南側に位置しており、モンラッシェ以外に4つのグランクリュをもっています。

 

モンラッシェは両村にまたがる区画ですが、ピュリニィ側にはシュヴァリエ・モンラッシェバタール・モンラッシェ(シャサーニュにまたがる)、ビアンヴニュ・バタール・モンラッシェがあります。

そして、シャサーニュ側にはバタール・モンラッシェ(ピュリニィにまたがる)とクリオ・バタール・モンラッシェがあるのです。

 

ピュリニィ村のワインはミネラル分が強く、かつ酸も美しいシャープなニュアンスを持ったワインが多いです。

一方、シャサーニュ村のワインはピュリニィに比べて若干緩く、柔らかなニュアンスをもったワインとなっています。また、シャサーニュ側では赤ワインも造られており、AOCで村名シャサーニュ・モンラシェが表記できるようになっています。

 

ピュリニィにはルフレーヴエティエンヌ・ソゼシャサーニュにはラモネミシェル・ニーロンなどの優秀な造り手が本拠を構えます。

 

o0540041412298404913