バローロボーイズ

トスカーナ地方で行なわれたキャンティの品質向上に対する見直しや、カベルネ・ソーヴィニヨン種やメルロ種などの国際品種のブドウを使った、「スーパータスカン」と言われる新しいタイプのワイン造り以外にも、イタリアの様々な場所で情熱的な生産者による革新的な試みがなされました。

ピエモンテ州における「バローロボーイズ」と呼ばれる生産者達の取り組みもその一つです。

 

 ピエモンテ州では伝統的に「ネッビオーロ種」のブドウによって「バローロ」というワインが造られていました。

バローロは「ワインの王様」と言われるほどのワインで、タンニンの濃い、非常に男性的なワインでした。

その反面、飲み頃を迎えるまで長い年月を必要とするワインでもありました。

そのため爆発的な支持を受けるまではいかないワインだったのです。

 

 このバローロの弱点を補強し、人気を集めたのがバローロボーイズです。

彼らは果汁と果皮の接触時間を短くしたり、従来通りの大樽熟成でなく「バリック」と呼ばれる小樽で熟成させることにより、飲み頃を早く迎えるバローロを生み出したのです。

この試みは見事に功を奏し、バローロはイタリア国内だけでなく、世界中のワイン愛好家から支持される、さらにメジャーなワインとなったのです。

写真 (58)