トレンティーノ・アルト・アディジェ州のワイン

イタリア北部の国境の州、トレンティーノ・アルト・アディジェは国境を接するオーストリアやドイツの影響を大きく受けている州です。

そのためトレンティーノ・アルト・アディジェ州自体は大きく二つの自治県に分かれます。

 

 北のアルト・アディジェ地方ボルツァーノ県はイタリアではあるが文化的歴史的にはドイツ圏と言って間違いありません。

造られるワインもゲベルツトラミネールやリースリングなどのドイツ・オーストリア系の白ブドウ品種のものが多く、エチケッタにもイタリア語とドイツ語の表記がみられます。

また、バローロ、バルバレスコと共に「イタリアの三大ワイン」とよばれたサンタ・マッダレーナラグレイン・ドゥンケルなどなどの力強い山麓型の赤ワインも造られます。

 

 一方、南のトレンティーノ地方トレント県は純然たるイタリア圏であり、土着品種の赤、白、ロゼワインが数多く造られています。

土着種も豊富なのですが、ここで造られるメインのワインは赤ならカベルネ・ソーヴィニヨンやメルロー、白ならシャルドネやソーヴィニヨン・ブランといったフランス系の俗に言う国際品種のワインとなっています。

 北であれ南であれ、これら数多くの品種のブドウがそれぞれ適した生育環境に合わせて栽培され、品質の良いワインが生み出されるのがこのトレンティーノ・アルト・アディジェなのです。

o0530040712062110194