シャンパーニュのグラン・クリュとプルミエ・クリュ

シャンパーニュの格付けは他の格付けと異なり、村を単位としています。

そして、エシェル・ド・クリュという独自の分類によって分けられています。これは原料として用いられるブドウ畑の評価を80から100%で表すものです。

 

 100%の評価を受けたクリュの村で収穫されるブドウのワイングラン・クリュ、90から99%の評価を受けたクリュの村で収穫されるブドウから造られるワインをプルミエ・クリュとしています。

このパーセントで表す指標はブドウの買い取り価格を基準として反映されたものであり、その買い付けの価格自体は1999年には廃止されたのですが現在も指標としては残っています。

もちろんプルミエ・クリュの畑で出来るブドウは優れているのですが、ただ、この格付けはブルゴーニュの格付けほどグラン・クリュとプルミエ・クリュ、そしてそれ以外のブドウとの間に大きな違いを見せるものではありません。

 

 グラン・クリュの村に関しては各地域の時にそれぞれ記述したように全部で17の村があります。プルミエ・クリュは44の村が格付けされており、やはりモンターニュ・ド・ランスに25、ヴァレ・ド・ラ・マルヌに9、コート・デ・ブランに10村と主要三地域に広く点在しているのです。

 

写真 (17)

裏ラベルにグランクリュ100%表記