シャトー・オー・ブリオン

五大シャトーの一つですが、メドックの格付けに唯一グラーヴ地区から選ばれたのが、このシャトー・オー・ブリオンです。

このことからもこのワインがいかに素晴らしいものであるかを示しています。

 

オー・ブリオンはグラーブ地区のペサック・レオニャン村に位置し、その歴史は非常に古いローマ時代から続きますが、長く不遇の時代も続いていました。

しかし、19世紀中頃から評価を取り戻し1855年のパリ万博での格付け以降、一気に評価を高めてさらに高価取引をされることになりました。

 

他の一級格付けのワインがカベルネ・ソ-ヴィニヨン種が主体であるのに対して、オー・ブリオンはカベルネ・ソーヴィニヨンとメルローの比率が近く、年によってはメルローの比率の方が高くなるセパージュは独特な味わいを生み出しています。

 

オーク樽由来の味わいから親しみやすくソフトに感じますが、優雅で厚いボディーを持ち、真の飲み頃を迎えるまでに長い時間がかかります。

また、複雑な独特のアロマが特徴となっています。

 

オー・ブリオン・ブランという白ワインも造られており、これはグラーヴでは最上の白ワインと誰からも認められる出来栄えとなっています。

ただしこのワインの生産量は非常に少なく、めったに目にすることがない希少ワインです。