コート・ド・ボーヌの赤

コート・ド・ニュイの赤ワイン、コート・ド・ボーヌの白ワインとスターワインが南北に分かれているコート・ドール地方。

南部のコート・ド・ボーヌでは赤ワインがメインで造られているイメージが強いです。しかし、事実は異なります。

実はボーヌでのワインの生産量は赤ワインの方が多いのです。

 

確かにモンラッシェを筆頭に綺羅星の如きグラン・クリュや有名プルミエ・クリュを数多くかかえるボーヌですが、以前のこちらはピノ・ノワールで造る赤ワインの産地として有名な村々が多かったのです。

それが、世界的に注目を集めだした辛口白ワインの人気に乗る形で、シャルドネによる白ワイン造りが盛んになりました。

 

コート・ド・ボーヌにはグラン・クリュのコルトン(特級コルトンは白ワインが有名ですが、赤ワインにも認められています)、ヴォルネイポマールのなどのプルミエ・クリュをはじめ、他にもマランジェモンテリイサヴィーニサントネイブラニイなどで果実味に溢れ、フルーティながらもしっかりした素晴らしい赤ワインが生まれ、多くの人々に愛されているのです。

 

また、オクセイ・デュレスサン・トーバンなどでは高価なものはあまりありませんが、赤白ともに親しみやすい良質なワインが造られています。

 

o0480036012788443903