エチケット

ワインのボトルに貼られているラベル。

あのラベルはワイン業界ではフランス語の「エチケット」という呼び方を使用することが多いのです。

エチケットと聞くと一般に「マナー」の意味を思い浮かべる人も多いかと思いますが、そもそもフランスでは守るべきマナー、礼儀に関して張り紙や立て札などに記されており、由来はどちらも同じです。

ワインのエチケットにはワインの生産者を区別するためだけでなく、さまざまな情報が記入されています。

 

 主にエチケットには次のことが記入されています。

生産者

生産年

アルコール度数

産地

ブドウ品種

などです。

 

 これらは全てワインの出自を示しており、この情報をもとにすれば、このワインがどのようなワインであるか推察することが出来ます。

 

生産者、生産年(ノンヴィンテージ物やテーブルワインには表記のないものがあります)、産地は必須となり、ブドウの品種に関しては記入のない物も多いですが、実はワインを飲み込んでいくとこれがかなり参考になり、かつ重要な情報となってきます。

 

エチケットに記入はなくとも裏ラベルに書いてあるものや、インポーター、ショップ向けには詳細がリリースされていますので問い合わせてみるとわかります。

 

 これらの情報をもとに、初めてのワインでもある程度、自分の好みのワインを探すことが出来るのです。

 

写真 (23)