ウンブリア州のワイン

イタリアのほぼ中央に位置し、周囲が全て他の州に面しているため、海を持たないのがウンブリア州です。

 

 この内陸部の州の大部分は丘陵と盆地に占められており、豊かな自然に恵まれ、気候も地中海性気候であることから非常に安定していてブドウやオリーブ造りには適した環境と言えます。

 

 そんな中、ウンブリア州で造られるワインは陸続きである隣州のトスカーナに近い上質なものが造られていました。

ワイン造りの歴史自体は古代エトルリア時代から始まり大変古いものがありました。

しかしながら、有名産地であるトスカーナの影に隠れてしまい、地元以外ではあまり注目を受けていなかったのですが、近年では差ワイン造りに力を入れる生産者も増えてきて、さらなる品質向上が見られるようになりました。

 

 プロカニコ種やグロケット種などから造る、この州の顔と言うべき白ワイン、オルヴィエートをはじめ、赤ワインでもイタリアを代表するブドウ品種であるサンジョベーゼや地元品種だけでなく、カベルネ・ソ-ヴィニヨン、メルロー、ガメイなど国際品種のブドウの栽培にも取り組み、当たり外れの少ない、早くから美味しく飲めるワインが多く生み出されています。

o0540041412237524908